投稿

Reno留学Q&A

イメージ
さてみなさんこんにちは!アメリカネバダ州リノに留学しているぎるです!日本は長い梅雨が明けたらしいですね!リノも暑くなってきて夏を感じてきています!他の人たちがいろいろ書いているので僕は何を書いていいか正直わかりません!笑
なので留学を考えている皆さんが気になるようなことを書いていこうと思いますー

①リノってどんなところ?
前回僕はリノについて、山に囲まれ住宅に囲まれた田舎と説明しましたが、それはさすがに言いすぎだったなと思うので少々リノについて説明したいと思います。リノはカリフォルニア州の東、ネバダ州第2の都市です。

THE BIGGEST LITTLE CITYという名で売っているこの町は、ロサンゼルスやボストンほどではありませんが、さまざまな国から留学生が集まり、それなりに栄えている町です。とはいえやはりロサンゼルスとかと比べたらだいぶ小さな町という感じはありますね。笑
ちなみに人口は20万弱くらいらしいです。

気候は砂漠気候で、日差しが強く、乾燥しているのが特徴です。そして、もう一つ大きな特徴としては、日較差が大きいこと。昼は35℃とかになっても、朝晩は15℃とかまで冷え込んだりします。だから通学時間帯は半そで一枚だと少し寒いくらい。
そして、毎日晴れてます。僕はここがリノで一番好きなところです。やっぱり雨降るとテンション下がりますからね!予定が雨でキャンセル…なんてこともないわけです。

②留学生活はどう?ぶっちゃけきつい?
留学を考えている皆さんなら気になると思います。正直言うと、それなりにきついです。東京医科歯科大学からネバダ大学への留学の枠は2つあったのですが、今回僕一人での留学となっているので、本当に0からコミュニティを作っていくことになります。そして、僕の所属しているPharmacology, Physiology and Cell Biologyの研究室には日本人が1人もいません。隣の研究室には日本人が何人がいるのですが、基本的に普段の生活ではすれ違う程度なのでそこまで大きくかかわりがあるわけではありません。自分のコミュ力(笑)と英語力でどうにか立ち向かっていくしかないわけです。困ったときに相談するのも英語でしなくちゃいけないのは少々大変です。MITのろぶすたー君も似たようなことを感じているのではないでしょうかね(彼のほうが数段きつい経験をしているような…

イースター島のイースターって東って意味じゃないんですよ

イメージ
みなさんお元気ですか。ガネーシャです。 今回の記事では、軽く旅行、研究について話したいと思います。 お分かりの通り、モアイ見に行ってきました。(後程)
1.皆既日食 サンチャゴ周辺では7月2日に最大率92パーセントの皆既日食が見れました。前調べしてなかったので想定外でしたが、ラボのメンバーたちと共に近くのSan Cristbal hillまで行き見てきました。短い人生の間で自分にとって最大の日食でした。残り8パーセントでも十分明るかったです。(若干暗くなるくらい)
丘にむかうラボメン達
遮光グラスをiphoneに当てて色々頑張った結果とれた写真
2.研究 さて、肝心な研究ですが、全くもって新しい研究のため、自分も関連論文あさって、プログラミングで再現したり、神経モデルやネットワークのシミュレーションを自分で組み立て議論に持ち込んでいくなど、非常に生産的かつ新鮮な体験が続いています。生物学的裏付けのあるモデルを構築するために、今の内から参考にした論文の記録を残す習慣を身に付ける重要性を知りました。他の派遣先と違って日々コンピュータに向き合っている感じですが、1からアルゴリズムを作成するのは非常に楽しく、充実しています。積分発火モデルを利用したネットワーク構築の写真を下に軽くのっけておきます。
20神経細胞からなるネットワーク(Python)
また、10日にはラボの担当教授Pedro先生がサンチャゴの主要市場を案内してくれ、ランチはラボメンバー皆と鶏肉料理レストランで食べることができました!魚介類は非常に種類があり、鶏肉料理のカスエラはコクがあり、かつ不思議なハーブの味がして非常においしかったです。 ウニ・アワビ沢山!!
とってもうまかった
3.イースター島(Rapa Nui) 最後に15-17というチリの祝日にあわせて行った、イースター島について!
皆さんイースター島のイースターって東って意味ではないって知ってました?Wikiによると、オランダ海軍提督のヤーコブ・ロッヘフェーンが復活祭(イースター)の夜に発見したのでイースターらしいです。
原住民たちは広大な土地という意味でRapa Nuiと呼んでいます。

SCL(Santiago International Airport)から5時間程、現地夜10時頃到着。日本人経営の宿に泊まり、翌日は前日ツアー+サイクリングで…

そもそもMIT派遣って何してるの?

イメージ
ブログをボストン情報マガジン化しようとして踏みとどまった、MIT派遣生のろぶすたーです。 後半で研究室の話をしようとも思いますが、まずはしょうもない話から。
Cape Escape! 先週は研究室の遠足でした。マサチューセッツ州の端に当たるCapecodにある教授の家に招かれました。
Capecodは、1620年にピルグリム・ファーザーズがイギリス南西部プリマスから、新天地アメリカにたどり着いた地域です。
アメリカ史をかじったことのある方ならメイフラワー号の着岸した街といったほうが早いでしょうか。

簡単に合衆国の歴史をご紹介すると、Capecodを開拓したピューリタンと呼ばれる人たちは、最初の開拓地Plymouthを基点に勢力を拡大し、
ボストンはその中でも初期に構築された都市です。植民地時代のアメリカの中心であり、独立戦争の主な舞台にもなりました。

合衆国独立宣言が行われたのもボストン議会議事堂です。




この投稿をInstagramで見る



Boston Photography 📷さん(@boston_igers)がシェアした投稿 - 2019年 6月月14日午後2時33分PDT マサチューセッツ州はこのような歴史もあり、独立期のアメリカを非常に誇りに思っている地域です。

街の中心には初代大統領Washingtonや、合衆国独立の大きなきっかけとなった1773年のボストン茶会事件の中心にあったSamuel Adamsの像が飾られています。



そんなわけで、独立記念日(July 4th)は大変な賑わいを見せ、街の中心部では独立宣言書が高らかに読まれていたりしました。
花火も豪華なものでした。アメリカでは花火大会のはじめにOverture1812(序曲1812年)を演奏するのが主流だそうですが、これもボストン発祥だそうです。

Wimbledon 2019, FEVER-TREE CHAMPIONSHIP

イメージ
はじめまして。Imperial College London派遣学生のNO TENNIS NO LIFEです🎾 Thanks a lot for having a look at this post ;)
 日本ではしとしと雨の滴る音が聞こえてくるこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか?晴れる日が少なく、気分が浮かない方もいらっしゃると思いますが、日本気象協会では平年7月21日頃に関東甲信越地方で梅雨明けを迎えるとされています。あと1週間程ですね、一緒に頑張りましょう!🍓*⁰ *⁰:イギリスでは、Wimbledonが開催される7月上旬は苺の季節となっております。

 では、早速本題に入っていきましょう。 .......................................................................... 【本投稿の構成】 0.研究生活(概略) 1.留学前準備*¹  2.留学後1カ月間の学業・私生活の振り返り 3.Wimbledon 2019
*¹ : Imperial派遣生はプロセメ開始(≒派遣)時期が国内組・他の海外組より3週間遅れるので、Imperial派遣生ならではの時間となります。 ............................................................................ ▶プロセメで海外留学を検討されている1, 2, 3年生
 Imperial College London 含め、留学に関する基本的な情報はプロセメ説明会や本学official website、友人たちを通じて適当な時期に入ってきます。本記事は、先輩にImperial派遣生のいない方が留学を検討する際及びImperial派遣が確定した学生が準備を進める際少しでも参考になればということを念頭に置いて執筆させて頂きました。少しでもお役に立てれば幸いです😃
0.研究生活(概略) - 研究内容:
 Armus regulation of E-cadherin in degradation and cell scattering in tumours
(≒「細胞シグナル伝達の観点から捉えた癌基礎研究」) - 研究時間帯*²:
①9 am - 5 pm (on average) (max: 7 …

USC 留学費用について

イメージ
こんにちは!UCS派遣生のEXCELです。早いことに、留学が始まってからもう2ヶ月が経とうとしていますが、いまだに梅雨の日本とは対照的にCaliforniaは常に晴天です!

California、最高。

さて今回は、僕の研究室の紹介をしようかと思ったのですが、昨年に留学に行かれた「カリフラワー」さんと同じ研究室に通っているので、それを参考にしてもらうにとどめようと思います。以下のリンクからとべます。

http://proseme-tmdu.blogspot.com/2018/08/blog-post_56.html

そこで今回は、お金の話を少ししていこうと思うのでお付き合いください。
題にはUSC 留学費用についてと書いたのですが、他の派遣先にも当てはまることが多々あると思うので、参考にしていただけたらと思います。

食費

留学生のうち、自炊をする人としない人がいますが、まず断言します。
USCに留学するなら自炊は、必須です!!!
特に今僕たちUSC派遣生は以前紹介したCurrie Hallという寮に住んでいるのですが、周りにはレストランもスーパーもコンビニもなにもないです。こればっかりは引きます。毎週末にUberを走らせて3人で1週間分の買い出しに行っているくらいです。
でも何ということはありません。食べたくなったら必然的に作るようになるので、徐々にスキルは身についていきます。そこまで気を張らずに、料理できるようになったらいいなくらいの気持ちだけ持ちましょう
ちなみに外食しようとすると、一回$20-30は下らないと思った方が良いと思います。それに対して、自炊をすれば一週間で$50前後に収まるので、自炊の重要性がわかりますよね。
それでも外食もしたいです。そうなるとだいたい食費は外食を週1-2回と仮定して月$400-500くらいです。外食の頻度次第で変動はあると思いますが。

交通費

LAの公共交通機関は安いです!主に使うことが多いのはMetro RailとMetro Busですが、これらは乗り換えが2時間以内であれば、どこに行っても$1.75です。なので、公共交通機関を使えばお金がかさむことはあまりありません。
ですが、LAは治安がいいところと悪いところがはっきりと分かれており、治安がいいとされているところでも夜の一人歩きや、公共交通機関の利用は危ないものとされています。…

テニス元世界1位、マレー(英国)をロンドンで観る+研究室について

イメージ
こんにちは。インペリアルカレッジロンドン派遣生のmikanです。

イギリスに来てからもうすぐ3週間になります。私たちインペリアルカレッジロンドン派遣生5人は、インペリアルカレッジの寮(Beit Hall)に住んでいます。
この2つの写真は、私の部屋の窓から撮ったものです。どちらも私の部屋の窓から撮ったものなのですが、景色が全然違いますね。これは、先日、寮の部屋移動があったからなのですが、Royal Albert Hallがみえる最高の部屋(一番上の写真)から今の部屋(その次の写真)になってしまいました。今回の部屋移動で、派遣生5人が皆近くの部屋になったので便利にはなりましたが、今の部屋からは、寮の隣の教会の黒っぽい屋根しか見えません(^^; 前の部屋に戻りたい…
我々が住んでいるBeit Hallは夏休み期間中ホテルとして営業も行っているので、もしイギリスに来られる機会があったら泊まってみるのもよいかもしれないです。その際はRoyal Albert Hallが見える部屋だといいですねw (どちらの部屋も料金は同じです。)


さて、本題に入ります。今回は、私の担当する第1回目のブログなので、私の所属する研究室と研究テーマについて紹介したいと思います。
研究室と研究テーマ(本題)インペリアルカレッジにはいくつかのキャンパスがあります。私ともう一人の派遣生はHammersmithキャンパスに通っています。(※ただし、紛らわしいことに、Hammersmithキャンパスですが、Hammersmithという場所にはなく、Hammersmithという場所にはインペリアルの別のキャンパスが存在しています笑)
Hammersmithキャンパスまでは寮のあるSouth Kensingtonキャンパスから無料のシャトルバスがあるので、基本毎朝利用しています。シャトルバスで約30~40分です。時間はかかりますが、大型観光バスで、乗っている人も少ないので快適です。歩くと1時間以上かかりました。市営バス(1.5ポンド〜)で行くことも可能です。

私が所属する研究室では、免疫チェックポイント阻害薬に関する研究を行っています。近年、オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬が様々ながんに効くことがわかり、注目を浴び、沢山の臨床試験が行われています。一方、HIV感染に関連した肝細胞癌患者(HIVによ…

Valparaíso -落書きの世界遺産-

イメージ
こんにちは。朝の方にはおはようございます。夜の方にはこんばんは。 チリ大学派遣のきのこますたーです。
研究室の話もいいですが、たまには楽しい話でもと思い、先日行ってきた世界遺産について話したいと思います。 文章読むのが面倒な方は、僕がまとめた動画があるのでぜひそちらをご覧ください。今後も同じような形で動画を出していくと思いますので
(チャンネル登録もお願いします!!!https://m.youtube.com/channel/UCE8FZQdAQLIkIOcNiVi1bwQ

Valparaíso その行ってきた世界遺産の街の名前がValparaísoです。"í"の文字を打つためだけにスペイン語のキーボード入力の設定をしました。
Valparaísoは日本語に訳すと「天国の谷」という意味で、国会はこの街に存在しています。2003年、Valparaísoの迷路のように入り組んだ歴史のある美しい街並がUNESCOの世界遺産に「バルパライソの海港都市とその歴史的な町並み」として登録されたそうです。
場所 Valparaísoは港町で、チリの首都Santiagoから車で1時間ほど離れた場所にあります。車は持っていませんし運転もできないので、バスで途中まで移動し、チリの友達の車に乗せてもらいました。バスは往復で¥1000強でした。安いね!

見所 港町って言ってたしどうせ海なんでしょ、って思うかもしれませんが海だけではありません。むしろ海は脇役です。
なんと言ってもValparaísoの見所は「落書き」です!Graffitiって言えばかっこよくなりますね。
街中をあるいているとこんなものや


こんなもの


はたまたこんなものなど


そこら中に完成度高めの落書きがあります。
日本で撮影のためにGraffitiを探し回ったのがバカのように思えてきます。
みなさんもぜひチリを訪れた際にはこの落書きの世界遺産をみにValparaísoまでいらしてみてください。

最後に2日間案内をしてくれたかっこいいチリ人の友達の写真を載せて終わりにしたいと思います。

それでは¡Chao, nos vemos!