きゃんべらぐらし!



サザンクロスより愛を込めて、オーストラリア派遣生のホーリーです( ・∀・)
こりんちゃんの後に更新するのはプレッシャーかかりますね~

東京はずいぶん暑くなったと聞きましたが、ここキャンベラでは霜が降り、市街地には小さなスケートリンクまで出現しました。朝晩は気温が氷点下になることも!

全身で冬をアピる

ペンギンちゃんのオブジェがかわいいですね。北半球の読者のみなさんが気持ちだけでも涼しくなってくれると良いんだけど。


さて、アンディ君の記事に続くANUシリーズ第4回目の本記事では
・キャンベラでの暮らし
・私の研究内容やラボの様子
についてお話しします。

寮中庭。すっかり落葉した


【キャンベラぐらしってこんな感じ】

派遣からはや一か月と少し、派遣生一同生活にも慣れてきてキャンベラってほんと何もないな(笑)などと軽口を叩く余裕も生まれてきました。

首都機能のためだけに作られた小さな街、キャンベラ。人もまばらで東京のような活気はないものの、生活に必要な施設はちゃんと揃っており暮らす上で不自由はありません。

徒歩20分の距離にCanberra Centre(そう、綴りが英国式です)というら○ぽーとのような施設があり、スーパーやホームセンター、銀行などが入っていて大体の用事を済ませることができます。
センター内にColesというデカいスーパーがあり、派遣生はだいたいそこで食材を買って自炊しています。我々の生命線です。

オーストラリアでは外食するとやたらと高くつき、日本でいう吉○屋やサ○ゼリヤのような数百円の外食という選択肢はありません。
コンビニ飯なんてものもないので、派遣生は普段はせっせと自炊して、たまに外にご飯を食べに行く(小さい街ながらおいしいお店は結構あるんですよ!安くはありませんが)というスタイルで暮らしています。

ラボでのお昼ごはんもみんな家から持ってきます。タッパーに詰めた謎のマカロニをレンチンしたり、洋ドラお馴染みのノリでリンゴを丸かじりしたりしている人をよく見ます。

週一回のお楽しみ、寮のディナー。この日はパブロバという攻撃力の高いマカロンのようなデザートが出た。
オーストラリアとニュージーランド、どちらが発祥の地かというしょうもない論争の種らしい。
なおググるとニュージーランド発祥と出てくるが気にしてはいけない

ただ、全ての値段が高いわけでもなく、牛肉やパン、根菜類、乳製品など「いかにもオーストラリアの広大な大地から無限にとれますよ感のあるもの」は日本より安いです。
特に牛肉はここでは笑っちゃうほど安いので、到着直後は派遣生一同ヒャッハー塊肉だぜ!と歓喜に沸きつつ肉を焼いていました。

渡豪当初の勢い


最近では皆牛肉に飽きたとみえ、日本食回帰がトレンドになっているようです。私は昨日チーズを食べ過ぎて今朝は消化不良でのたうち回っていました。慣れないことするもんじゃありませんね。



キャンベラぐらしの素晴らしいところはなんといっても自然の豊かさ

市内にバーリー・グリフィン湖という人造湖があり(人造湖を自然枠に入れていいのか微妙ですが、木と水があるので自然ってことで良いでしょう)、寮から湖畔まで徒歩5分ほど。お散歩に最適です。

天高く、派遣生肥ゆる

天気も概ねよく、加工なしでこの空の青さ。
そして日本ではペットショップでしかお目にかかれないような鳥がハト並みの頻度で街にわんさかいます!



私の鳥フォルダが火をふくぜ!


この白いオウム(キバタン。Cockatooと呼ばれています。かわいい顔して首を絞められているかのような声で鳴きます)が木に鈴なりになっていた時にはもう笑っちゃいましたね

グラフィティアートも鳥推し


景色良く鳥が可愛く肉安い。良いところです。
今のところ不満といえば鶏肉の皮がすべて剥がされて売られていることぐらいです。皮が美味しいのに!皮になにか恨みでもあるんだろうか。

夕暮れ



【私の研究室】

我々は派遣生であって白雪姫ではないので、もちろん料理をしたり鳥と戯れたりしているばかりではありません。当然ながら研究がメインです。

私は一型糖尿病に関する研究をしています。具体的に言うと、好中球細胞外トラップ(NET)が一型糖尿病発症に及ぼす影響について調べています。
以前から医科歯科生を受け入れてくださっているラボなので、このラボに関心のある方は
ぜひ去年の派遣生リンダさんの記事もご覧ください。

去年まではSupervisor(グループのリーダーで助教授)、Technician二人、院生一人しかいなかったラボに新たにHonor Studentsが三人加わり、状況は一転、にぎやかなグループと化しました。
以前は全員女性のグループでしたが今年はフィギュアスケートのフェルナンデス選手似のお兄さんもいます。幸福

学生が増えて先生方は大忙し。わからないことがあったらいつでも質問できる!という状態ではありませんが、それでも時間を作って研究ビギナーの私にとても丁寧に説明してくださいます
(おっとりしたとてもお上品な先生なので私のお粗末なリスニング力でも聞き取りやすいです。一方学生たちのお昼休みトークにはさっぱり着いていけません!全自動微笑み頷きマシンと化しています。厳しい)。

ティータイム

このグループは特に全員参加のミーティングはありませんが、木曜に都合のつく人で集まってお茶をします。先生自らケーキを焼いて持って来てくださることも。reicolnの記事にもありましたが我々、とにかくおやつチャンスに恵まれています。


現在は薄くスライスしたマウスの膵臓を免疫染色して、顕微鏡で観察するのが主な仕事。抗体の組み合わせやブロッキング溶液の種類などを変えつつ試行錯誤しています。
先生が忙しいのもあってか、事前打ち合わせをした後に実験はほぼ一人でやっています。比較的早い自立じゃないかと自負しております。

顕微鏡もハイスペすぎてなかなか扱いづらい子ではありますが徐々に慣れてきました。免染は見た目にも綺麗で楽しいです。バックグラウンドが邪魔で毎度顕微鏡室にこもりながら毒づいていますが……

君(マウス)の膵臓を染めたい
様々な研究室がこの大きなラボを共同で使います


今はコントロールを取っている段階で、一型糖尿病モデルマウスを使う前の準備期間です。ある日のスケジュールはこんな感じ↓

9:00 研究室着
9:10~11:30前日に染めたサンプルを顕微鏡で撮影
12:00~13:00 ごはん
14:00~14:30 結果について+次の染色について先生とお話
14:30~17:00 染色作業(待ち時間中にラボのAfternoon tea

この日は比較的詰まっているほうで、顕微鏡の予約(いろいろなラボが兼用しているので予約が必要なんです!)や先生のご都合の関係で空き時間がそこそこできます。
空いた時間には論文を読んだり実験記録をまとめたりしています。ただ、「慣れてきたらサンプル増やすわよ~♪」という予告があったので徐々に忙しくなるかも。




......といった感じで、研究生活も軌道に乗ってきました。
お休みをやりくりして今月末には旅行もする予定なので、次回更新をお楽しみに!


親方!空からデニッシュが!

おわり
続きを読む>>

昼が長いッ



はろはろ!このブログ見てたけど皆ハンドルネームのセンスないなあ、一発で誰か分かっちゃうじゃん~~ということで私は誰にも分からないHNを使うよ!!アセチルコリンです!!!短くコリンって呼んでね☆

ワールドカップも衝撃のラスト(日本)を迎えててんやわんやな感じでしたが、勿論ここロンドンでも大盛り上がりを見せていました!というか、ワールドカップを見ていればみんなの話についていけるので、スポーツは国境を越えますねェ~。私の研究室では皆さんが1国£1賭けて悔しがったりしていました。

いやまあそんなことはいいんですよ。今回紹介するのは2つ!
①私の研究室と生活
CotswoldsWinsor & Bath & Stonehenge旅行
少しでも伝わればいいなあ。


①私の研究室と生活
といっても本当につい先週から通い始めたばかりなんですが、私はSt. Mary’s Hospital10階のラボに通っています。今年から突如始まった臨床研究のラボに通わせて頂けることになった賜物です。病院なので、普通にエレベーター乗って下に下がってても”Lift under priority control”とか突然言われて平気でいきなり上に上がりだしたりして、傷病者の乗ったでかいベッドが運び込まれて降りざるを得ない。これには研究室の人もガチギレです。

それではいきましょう、~コリン1日~
8:30(理想) 外出
 |  ひたすらHyde Parkを練り歩く
9:00(理想) St. Mary’s Hospital到着
 |  論文を読んだりお話したり
10:00 先生方が続々到着
 |  実験
12:00
 |  昼休み
13:00
 |  実験
14:00
 |  ミーティング
15:00 ここいらで突然のティータイムが始まることも
 |  実験
17:00(理想) 帰宅


よく使う機械(1週間に7回くらい壊れる)と作業場(はちゃめちゃに寒い)


ロンドンの街並みが見えるオフィス(本当はこれの倍広いです)

因みに私を直接指導して下さる先生は写真に映っているどちゃんこ美人のマレーシア人女性なので研究が捗ります。昼休みは火木に開催されるFarmer’s marketで買って原っぱの上で研究室の人と食べます。日差しが半端じゃないです(憤怒)。背中が燃えます。
研究室には本当に色んな人種の方々ばかりで、中国、台湾、マレーシア、ドイツ、エジプト、日本もいたな、あとは…聞いていないけど明らかにロンドン出身じゃない人×数人…本当にサラダボウルですねえ。各国から集まった人々が英語ってツールだけで意思疎通できてるってすごいと思います。あと、漏れなく全員引くほどやさしいです。これがgentleの国か。

帰りは近くのスーパーでご飯やフルーツを買って帰ります。みかんは10個くらいで200円、バナナも1房同じくらいとフルーツは多少安いので買って帰りますが、他はあほみたいに高い(当社比)ので許しません。ティッシュなんて鼻セレブを56倍硬くしたみたいな紙質のくせに値段は鼻セレブくらいします。財布のひもが鋼になります。で、買い物を持ってHyde Parkを突っ切りますが、ついでに踊ります。広いところで踊るのって気持ちいいですね!!人の視線なんて感じないワ!!

この時期は午後8時くらいまでこんくらい明るくてビビる


CotswoldsWindsor & Bath & Stonehenge旅行
こいつぁ言うことないですね!写真見て。

Cotswoldsの一枚。鴨めっちゃいた。

Windsor城~~~これお城っぽい~~~!!上のあのギザギザなんて名前なんだろう

Bath。お風呂きったな!テルマエロマエのアレですね。阿部寛がかっこよかった思い出しかない。


因みにWindsor城はヘンリー王子が2月前に結婚式を挙げたことでも有名ですね。今週末はWimbledonにテニス観戦に行くのでその話を次のあの子が書いてくれると信じています♡


ところでこの記事を書いている途中で”Would you mind if I make a skype call here?” と聞かれたので「もちろん大丈夫!」って言いたかったのに ”Of course! (もちろんウザいよ!)” って言ってしまったので自害したい気持ちです。

1730分でラボに誰もいなくなりましたが元気に頑張ります。

しーゆー!!


p.s.
こんなものをよく見ます。ヒェ~~~~~~!
中を想像しちゃいけないね!


続きを読む>>

㊙︎留学家計簿 ~留学前準備編~🇺🇸🇬🇧🇦🇺🇬🇭🇹🇭🇨🇱

こんにちは!よく知らない寮生()に突然

「日本人男子はcute boyって呼ばれるのは嫌かな?

 Cute Japanese boyが入寮した、って友達(男)が話していて!」

と言われ、戸惑いを隠しきれないブログの管理人、タコチューことcute boyです🐧

きっと聞き間違いですよね! (3回聞き直したけど^_^;)



普段は派遣学生が現地の生活・研究についての情報を発信しているこのブログですが、
今回から留学を目指している後輩、そしてそれを支えるご家族に向けて、実際に留学をする上で大きな問題となる「お金」の話をします!



今日は第1回目「留学前の準備」に焦点を当て、留学する上で必須となる、


1. VISA発行の流れ (いつ?どこで?いくらで?どれくらい時間がかかる?)

2. 渡航費用

3. 留学期間の保険料

の豪華3本立てでお送りしていきます!


なんと全派遣先の学生が協力してくれたので、アメリカ・イギリス・オーストラリア・ガーナ・タイ・チリの全部の事前準備の情報が詰まっています🇺🇸🇬🇧🇦🇺🇬🇭🇹🇭🇨🇱
とは言っても、全派遣先の文章をいちいち読むのは面倒、という皆様!Cute boyは皆様のために一目でわかる表を作成しております☺️




ざっくり比較してみたい、全体をふんわり知りたい、という方は、まずはこの表から見ていってください😋



全体編


3.留学期間の保険について

今年度の派遣学生は全員留学生危機管理サービス(OSSMA)の会員が登録できる留学保険に加入しました。費用については留学期間に依存しますが、補償が充実しているので多くの留学生が利用しています!

ただ、2018年7月から保険料が大幅に上がったようなので、これから加入する際の保険料は上の資料とは異なるかもしれません(^_^;)





アメリカ編🇺🇸

1. VISA発行の流れ 


アメリカ派遣学生は派遣先問わず、基本的にJ1ビザを申請することになります。

手順としては、

Step1 派遣先の大学から必要書類を発行してもらう

Step2 他の必要書類を用意して、大使館HPにて面接を予約

Step3 大使館での面接後、1週間でVISAを発行

の流れです。必要書類の用意は英訳を依頼or自分でする必要があるので、余裕をもって進めていくと良いそうです!

VISA申請の流れをアメリカ大使館がYoutubeに動画としてアップしているので、困った時はそれを確認しましょう!面接の内容は留学の目的や留学費用を誰が負担するのか、などベーシックなものです😀


発行費用はUS$340ハーバード公衆衛生大学院(ボストン)にいく場合は派遣先から送付してもらった資料代を現地で支払う必要があるので$30です(^_^;)

2. 渡航費用

 アメリカン航空の利用が一般的で、費用は
 ネバダ大学派遣学生が往復159,800円 (往路でロサンゼルスに数日滞在したので少しお高め)
 南カリフォルニア大学派遣学生が往復153,540
 ハーバード公衆衛生大学院派遣学生が往復200,000円弱(お盆にかぶるため)




 イギリス編🇬🇧

1. VISA発行の流れ 


プロセメでのインペリ留学は「6か月未満の短期イギリス留学」にあたり、事前に用意した必要書類をイギリスの空港で入国審査官に提出することでShort-Term Study Visaの取得が可能です。

アメリカやオーストラリアへの入国と違って日本で事前にすることは多くはありません。ビザレターや往復の航空券を提示して即発行!という流れです。


2. 渡航費用 


中国国際航空(100,000円)・タイ航空(110,000円)

カタール航空(120,000円)・エミレーツ/JAL/ANA100,000円代後半)

2018年度派遣学生は、カタール航空を使用しました。日本からロンドンへの直行便はないためドーハを経由する必要があり、合計18時間ほど飛行機に乗りました(^_^;)

渡航費用は125,660でした。航空券の値段は出発日に近くなるにつれて上がる傾向があるので、できるだけ早く手配することをお勧めします。

(ただしロンドンの空港までインペリの学生がお迎えに来てくれる場合があるので、到着時間には注意しましょう。)





  
 オーストラリア編🇦🇺


1. VISA発行の流れ 


2月中旬~下旬に申請しました。申請までの大まかな動きとしては、

Step 1 必要書類を用意and英訳

Step 2 派遣先の大学・研究室から必要書類を発行してもらう

Step 3 WEBサイトでVISAを申請

という流れです。申請自体はオンライン申請フォームを埋めていく形式。必要事項を入力し、戸籍謄本や保険・預金残高証明などの書類もデータとしてアップロードしました。Visaもメールで届きます。Visa申請自体はオンラインで完結するので、大使館に行く必要はありません。


申請費用自体は大体26,000円(カード払い。本人以外の名義でも可)。そのほか必要書類を揃えるのにも費用がかかりました。戸籍謄本が必要だがその英訳に5,000円ほど要したのと、その他書類発行の手数料なども含めてトータルで33,000円ぐらいかかりました。


 一つ上の代の派遣生に「発行に3か月かかり、ビザが下りなくて予定通り出発できなかった」と聞きかなり急いで申請しましたが、この学年は6人中5人は 一週間もしないうちにビザが発行されて正直面食らいました。なぜか1人だけ長くかかりましたがそれでも4月中旬にはおりたので、無事予定通りに出発することができました😌

発行にかかる時間はまちまち、運次第のようなので早めに動くに越したことはないでしょう。


2. 渡航費用 


往路・復路ともカンタス航空を利用、羽田からシドニー経由でキャンベラ空港へ向かいました。

運賃自体は105,000円、サービス料・諸税含め実際に払ったのは123,990円。ただしシドニー・キャンベラ間は高速バスを利用する、LCCを利用する、早期に手配する(予想以上に安い席が早く売り切れます)ことで費用を抑える手段はあります。

  




 ガーナ編🇬🇭

1. VISA発行の流れ 


出発約2週間前の6月最終週にしました。パスポート、Eチケット、黄熱病ワクチン接種証明書、ガーナ大学からの受け入れ書類、財政(残高)証明書、ビザ発行手数料の口座振込明細書、パスポートサイズの写真1枚を提出しました。


ガーナ大使館で必要書類を提出することで手続きを行いますが、火曜日と木曜日のみ大使館がビザの手続きしてくれるので、基本的にビザ申請をした次の開館日となります。火曜に申請したらその週の木曜、木曜に申請したら翌週の火曜に受け取れます(シングルビザ9,440円)!


2. 渡航費用 


エミレーツ航空を使ってドバイ経由だと約300,000万円です。






 タイ編🇹🇭

1. VISA発行の流れ 



チュラロンコン大学から正式な受け入れの書類が来次第、在日本タイ大使館HP予約をした上で(一週間前には大体埋まってしまうので早めに予約をすること)申請に行きます。

2018年度はチュラロンコン大学側の国際課が臨床実習と勘違いしたため、訂正した書類を再度送ってもらうことになりVISA申請が渡航前ギリギリになったので、注意してみてください(^_^;)


申請から発行までは1週間弱ですみます。有効期間3ヶ月のシングルエントリー(9,000円)しか申請できないので、タイで延長手続きをする必要があります。
(空港で航空会社の人に「ビザが三ヶ月間しか有効ではないのに航空券では 六ヶ月の滞在になっているのはなぜ?」と聞かれたが説明すれば大丈夫。)



2. 渡航費用 


フィリピン航空で一人約7万円(乗り継ぎ一回、手荷物23kg×2つ分)でした。渡航前一ヶ月を切ってからの予約だったので少し割高になってしまいましたが、もう少し早く予約できればもっと安くできると思います。






  
 チリ編🇨🇱

1. VISA発行の流れ 


4月上旬に受け入れ許可書をチリ大学に発行してもらい、4月中に健康診断証明書、渡航証明(警視庁、発行に2週間かかる)、学長の推薦状、残高証明等の必要書類を発行、5月上旬にビザ申請、2週間後に受け取りができました。


申請と受け取りは大使館に行かなければいけません。ビザの発行手数料はそのときのレートによりますが、今回は6,534円でした。あとの書類はだいたい無料だったので残高証明の発行手数料の数百円と合わせて7,000円ちょいくらいです。


student visaは短期間で発行可能だそうで、一週間で受け取り可能の連絡が来ました。ただ、問題なのがビザ申請も受け取りも大使館に行かねばならず、その予約が電話のみ受け付けているのですが、1週間くらいは常に埋まってしまっている状況です。今回時間が無かったので間に合うようにお願いしましたが、予約の電話の日から受け取りまでは1か月強を見ておいた方が良いです!



2. 渡航費用 


私は往路復路ともLATAM航空を利用、成田空港からロサンゼルス経由でサンティアゴ空港に向かいました。運賃は往復で155,000円くらい。加えてロス経由のためにアメリカのESTAを申請しなければならず、申請費用14ドルがかかりました。
(JALANAを使うと330,000円くらいになり値段が倍です(^_^;)







いかがでしたでしょうか?

渡航費用をできるだけ抑えるためには、
早め早めの準備が大切!、というのはどの派遣先でも同じようですね!



次回は各派遣先の物価を中心に食費や家賃、生活費を楽しくまとめていく予定です☺️

質問・ご意見があればお便りコーナーで気軽にメッセージを送ってください!


続きを読む>>